脱毛でほくろが増えたということはあるの?

美容サロンや美容系クリニックで脱毛の施術を受ける人が増えています。クリニックでは医療レーザーを使用して施術を行います。これは黒い色素に反応するレーザーを肌にあてて、皮膚の下にある毛の先の毛乳頭を破壊するというものです。高出力のため、医療機関でしか使用は許されていません。また多くのサロンでは、光脱毛機器を使用して施術を行います。この場合もメラニン色素にのみ作用する光を照射して毛乳頭を焼くことで減毛効果を得ています。

医療レーザーほど照射力は強くありません。施術を受けたらほくろが増えた、という話をきいたことがあるでしょうか。つるつるの肌を手に入れても、ほくろが増えるのであれば困りものですが、この話は本当でしょうか。実際は、増えることはなく、特に医療レーザーの場合は噂とは逆に薄くなることがあります。先に述べたように、施術の際は黒い色素に反応するレーザーを当てます。

出典:襟足脱毛厳選ランキング

これが肌表面のシミなど黒い部分に反応し、薄くなることがあるのです。サロンの場合は、通常はシミやほくろを避けて照射するため薄くなるなどの変化はありませんが、小じわに効果があると言われています。では、どうして脱毛するとほくろが増えたという話が出たのでしょうか。これはおそらく、脱毛施術を受けることで、普段より肌に意識がいくようになったため、気にならなかったものが目につくようになったことが考えられます。

また施術後の保湿を怠ると、光やレーザーによって刺激を受けた肌が、保護しようとしてメラニンを生成し、シミなどができやすくなります。施術後はしっかりと保湿することが必要です。また、施術期間中はできるだけ紫外線に当たらないようにしましょう。